FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼやき

新人賞受賞を目指す、ある書店員の方がいらっしゃいました。
応募歴も長く、一度は三次選考まで残ったとか。

つい一年前にその方のブログを見つけてから、毎日更新が楽しみで。
ウェブラジオもやってたりして、自分の考え方もその人の影響が強いと思います。
その方が、今年こそ受賞するぞと意気込んで、ラジオでは大賞宣言も出したりして。
でも結局、送ったものは一次で落ちてしまう結果になってしまいました。


そうして、たしか一ヶ月ほど前の話。
その原稿をネットで公開することになったのが全てのはじまりでした。

こんなもので大賞取るなんて言ったのか、とか
前から全く成長していませんね、とか

もうブログは荒れて、仕事も忙しかったらしく、精神的に参ってしまったようです。
ブログの閉鎖。

その時の、とあるコメントが今でも印象に残っています。

「○○さん(ブログの方)は、他人に恥じない生き方をしていると、自信を持って言えますか?」

たしかこんな感じのもの。
キャラクターの幼稚さは、書く者を映し出したものだと。そういう内容でした。


なぜ、いきなりこんな話をしたかというと。
シナリオを考えていて、キャラクターが上手く動かせなくて。
もう自分自身典型的なダメ人間なわけで、それが物語を書こうというのだから、キャラも幼稚になるわと。


なんか完全に独り言っていうか、よくわかんない内容になった気がする。


コメレスは明日書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。