FC2ブログ

初めから上手くやろうだなんて、無茶に決まってる

ども、一週間とちょっとぶりです(*・ω・*)ノ

前の日記で制作実況するかも、しないかもとか言いました が、
どうにもやり方に無理がありそうなんで、今回は止めておきます。
期待してた方、ごめんなさい。
ちょっと期待してた方、ごめん。
すごく期待してた方、誠に申し訳ございません。
期待してなかった方、正解。

理由を言いますと、前にも同じようなことを記事に書いた気もするんですが
ただこんなもの作ってますよーなんて言ってもネタバレになるだけだし、なーんも面白くないよねって。
かと言って、こんな風にして作りました、でも内容は載せません、なんて意味不明な記事になるだけだし。
まあ、またいつかやることもあるかもしれません。忘れたころにでも。


そして、肝心の制作状況。
うーん、どうにもこうにもアイデアが出てこない。
原案は既に話し合ったものがあるんですけど、なかなか膨らまない。
困った。
と、一年ほど前に自分が初めて書いたシナリオを引っ張り出してみました。
驚きの暗さ。そして都合の良すぎる展開。
あぁ、恥ずかしい(*ノノ)

でも、もう一つ思ったのが、よく書けたな、ということ。
こんな駄作書けたもんじゃねぇ、とかじゃなくて、
今の自分が足掻いてる部分を見事にクリアしてるんですよこれが。
内容はどうあれ、一応一つのシナリオとして完結してるし、キャラ設定や世界観もきちんとまとめられてる。今の自分はプロットで悩んでるってのに!

思い返せば、あの頃は楽しく書いていた気がします。
自分の思いつくままに自由に書き綴り、自分の好きなように展開させる。
いつから、できなくなってしまったのだろう。いつ頃大人になったのだろう。

あれですね、ハウツー本や講座を読みすぎたんです。
別にそういうのが悪いわけではないけど、読んだだけで作った気になっていたのかも。
そうしているうちに、段々と重い足枷が増えてしまったんだと思います。

バカなんですよ。
いきなり有名な方と並ぶような作品を作ろうとしてるから詰まる。
そりゃ、初作品で雑誌に載っちゃうような方もいますけど、
それはほんの一部で、そういう方だって何かしら下積みがあったんです。天才もいますけど。

なら、もう今は自己満足で書いてみればいいんじゃないかと開き直ってみる。
だから書く! 明日から書く!


以上。今夜の脳内会議終了です。
スポンサーサイト